#5127 【書籍】これからの世界をつくる仲間たちへ@日記 (2018/09/15)


これからの世界をつくる仲間たちへ | 落合 陽一 |本 | 通販 | Amazon
https://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4093897646/he...


ひとことでいうと、オレスゲー、オレのようになれ。

もちろんね、必要な時とか、面白く挿入するようなことは多々あるけれど、
若いせいか、いや、オッサンでも多いが、自分語りが多いかなって思った。
その部分いらない、いらない、カット、カット。

この本の内容としては、基本的に、人工知能がスゴイ勢いで発達しているから、
どんどん仕事を人工知能に取られますよ。
だから、ブルーカラーの仕事はもちろん、ホワイトカラーの仕事も無くなっちゃうよ。
だから、大企業とかに行ってホワイトカラーの仕事してもダメだよ。弁護士も医者も、外資金融も、ダメ。
人工知能に食べられちゃうから。
だから、
クリエイティブクラスになれと。
クリエイティブクラスとは、何ですかね?
「これからの世界をつくる仲間たちへ」ってことだから、大学で一緒に研究する仲間ってことですかね。
そりゃ、そのひとたちは、クリエイティブクラスでしょうけれど・・・。
じゃあ、どうやったら、クリエイティブ・クラスになれるの?ってところは、あまり何も書いてないですね。


あと5つの質問:
・それによって誰が幸せになるのか
・なぜ、今その問題なのか、なぜ先人たちはできなかったのか
・過去の何を受け継いでそのアイデアに到達したのか
・どこに行けばそれができるのか
・実現のためのスキルはほかの人が到達しにくいものか
これは良い問いですね。
#3897 問いと質問@日記 - HE PROJECT3 2015-06-07
#3202 答えるよりも問う方が重要@日記 - HE PROJECT3 2013-07-05



「言語化する能力」
「論理力」
「思考体力」
「世界の70億人を相手にすること」
「経済感覚」
「世界は人が回しているという意識」
「専門性」暗黙知
このへんの能力よろしくって感じの本ですかね。
そりゃそうだろ。


自分が言いたいのは、この本に書かれていることを否定する気はない。
おそらく結構良いことが書いていると思う。
若い人に是非読んでもらいたい。そういう気持ちはある。

だけど、なんだろね、自分の中の感覚としては、
そんなにストイックにならなくても、世の中生きていけるから〜って感じと、
人工知能は、そんなに人間の脅威じゃないから〜て感じ。
むしろ、あえて人工知能、人工知能って言って読者を恐怖に落とし込んでいるのかもしれないね。


そうだ、
インターネットとかコンピュータの発達によって、
小資本からスタートとできるようになって、巨大な会社(AmazonやGoogleとかを言っているのかな)が出現した。
それ以前の社会では、それは不可能だった。そして資本主義のプレーヤーが変わった。
というような記載があるけれど、オイオイって思った。
それは違うだろと。

9/27のブン


いいね (210人)

※ 独自 いいね です。facebookのそれとは関係ありません。白くなっている場合はすでに押し済みです。


少し関連:
#5126 UQモバイルへ@日記 - HE PROJECT3 2018-09-15
#5128 ギガぞう@日記 - HE PROJECT3 2018-09-16
#6480 メジャー@日記 - HE PROJECT3 2022-07-23
#721 船長の家 - HE PROJECT3 2007-11-29


QR Code
この記事のPRコード


メニュ-:
人気記事ランキングに戻る
最近の記事リストに戻る
更新された記事リストに戻る
アクセス履歴に戻る
検索結果リストに戻る



@Amazon.co.jp

『サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福』
の記事はこちら(#4872)


旧モードで表示


422,928 UU/ 1,219,922 PV/ 316,049 AA (TTL)

197 UU/ 652 PV/ 168 AA (AVE ADAY)

/ コメントを見る


Googleによるサイト内検索


follow us in feedly

RSS


Now:20240303221655 date:2018/09/15 #5127 ips:610

このサイトは匿名の個人の責任で発信しています。関係する会社や団体の意見とは関係がありません。

© 2007 oga.sakura.ne.jp. All Rights Reserved.

ご意見・ご要望・お問い合わせ

@heproject3